能勢 伊勢雄 / 渦と記憶 図録 [ZINE+DVD] 【COSMICLAB編集/発行】
cosmiclab102

1,500円(税込)

購入数

  • 在庫  残り僅か!
能勢氏が長い時間をかけて発展させてきた、領域を横断し観念を結び付ける「知図(地図)」である『遊図』という新たなコンセプチュアル・アート''渦と記憶 '' 図録#1〜19までをコンプリートに収録。

更に2010.12.12-12.22までGlaxyGalleryで開催された’’能勢伊勢雄 展’’のオープニング・レセプションでの本人による解説が収録されたDVD付。

他に
・社会に対する警告・REBELとは何か?
・ANTICONレーベルやハキム・ベイ・カオスの緑・インダストリアル・ミュージックからフリーク・ビートまで
・ハイパー・リアリズムとバーチャル・リアリティ

ほか多数の貴重な原稿/資料で構成された、氏の壮大な思想への入門書として最適の1冊がGalaxyGalleryプロデュースにより発行されました。


多様な''観念''を呼び醒し、メディアなき時代に必要とされるイデアを創発しようとする全てのクリエイターに。






【能勢伊勢雄】略歴

1947 岡山に生まれる
1956 山崎治雄師に写真を習う
1974 Live House 『PEPPER LAND』設立・主宰
1975 映画『共同性の地平を求めて 68/75 荻原勝ドキュメント』編集・監督
1978 (-現在)松岡正剛氏が提唱した「遊学」をもとにする研究会『遊会』を開始
2000 尾道市立美術館『龍の國尾道・その象徴と造形』展監修、同展関連シンポジウムにパネラーとして参加
2001 実験映画の大回顧展『アンダーグラウンド・アーカイブス1958→in Kobe Kyoto Osaka』で映像作品が選出上映される
2002 松岡正剛主宰『ISIS編集学校』師範
2004 岡山・倉敷市連携文化事業『スペクタル能勢伊勢雄1968-2004』展開催 (-05)広島市現代美術館「松澤宥と九つの柱-九相の未来-パリニルヴァーナに向かって」展に作品出品
2005 水戸芸術館『X-COLORグラフィティ in Japan』企画  横浜トリエンナーレ 『ストリートにおける表現の可能性』のパネラー
2006 Photographers’ Gallery企画 『能勢伊勢雄写真展「PORTOGRAPH」』展 ならびにIKAZUCHIにて 『スペクタクル能勢伊勢雄1968-2006』展を同時開催
2008 CD book『ASCENTION SPECTACLE』が第63回文化庁芸術祭参加作品に選定
2008 ギャラリー册『ルドルフ・シュタイナーと芸術』展に写真・遊図を出品(東京)  同展関連シンポジウム『シュタイナー芸術を生きる』にパネラーとして参加 Galeria Punto『渦と記憶』植田信隆氏とのコラボレーション岡山巡回展 2009 アートフェスタ那須
2009 『山のシューレ』に映画『共同性の地平を求めて』上映ならびに講演
2010 九州大学大学院『リベラルアーツ講座』講義 カスヤの森現代美術館『渦と記憶』展 アートフェスタ那須
2010 『山のシューレ』講演
等多数          


主著・共著 『スペクタル能勢伊勢雄1968-2004』(和光出版刊) .『サイバーレボリューション』(第三書館刊) .『E』(ノイプロダクト出版刊).『ジ・オウム-サブカルチャーとオウム真理教』(太田出版刊) .『観想の空間』(尾道市美刊).『龍の國尾道』(尾道市美刊).『X-COLOR GRAFFITI IN JAPAN』(水戸芸・FOIL刊).『INSIDE OUTSIDE』(UPLINK刊)インナーノーツ
等多数