DNT / EOH [Mix-CD]
cosmiclab009

1,300円(税込)

購入数
  • 在庫  SOLD OUT

COSMICLAB 2012 RELEASE!!!!


伝説のp'ART'y『Flower of Life』が誕生した2002年1月26日から10年。
そして2007年その誕生の地である伝説のクラブ"MACAO"のファイナルとして開催されたパーティー、そのメクルメク光の瞬間が記録されたYA△MAとDNT aka DONUTSのスプリットLIVE録音『Celebration Vibration』から5年。

それから取り巻く状況は少し混乱してきているかもしれないけど、変わらずゆっくりと確実に歩んできた、言葉で表現するのがあまり得意ではない彼から届いた10年目のメッセージ。10年分の祝祭の記憶。

アノ場所で感じた圧倒的な調和(ハーモニー)が再び降り注ぐ。


Artwork by Qotaroo
Mastering by Kabamix



  -Comment-
遂に大阪の深打ちDEEEP HOUZZERRR, DNT MIX!!!!
マルチレイヤーな優しさがあらゆるシチュエーション達を打ちまくり、冬、暖かくなります。かまちゃん、ありがとう。音の静かな湯気、ここち よかったです。できたての玄米というか。。玄米自体よりその香りの方が栄養がありそうな感じというか。。もう食べなくていいの?
■EYE (BOREDOMS)


FOL 10周年オメデトウございます。果てしなきサウンド・ジャーニーをこれからも期待しています!ということで、今回のDNT MIXのレジェンド感はハンパないものがあります。豊かで太く確実な音による歩みは、JOYFULな生命力に満ち溢れています。
■山辺圭司(LOS APSON?)



ドーナツのまんなか
ひろがりつづける
愛がめぐる
■CMT(POWWOW / SBM recordings)



何時も感じる事なのだが、彼(DNT)のプレイは自分にも相通じるエッセンスがある!
DJは、年期(キャリア)や技術も当然評価されるのだが一番現れるのは、DJ(本人)のセンスなのだ!!
DNTのDJは、周りに左右されない自己流の世界観が見える!

今回リリースされた EOH(eohippus/曙馬?)と題されたMix CDはDNTのほんの一面ではあるが、コータロー君の描いた天空を駆ける新年に相応しい雄大な曙馬のジャケと共に、 DeepでDopeなストーリー展開に思わず引き込まれてしまった!!是非、一人でも多くの方にこのMixCDを聴いてほしい。そして、DNTのパーティーに足を運び目の前で彼の楽しいプレイを体感して戴きたい。本来はライブが醍醐味なのだから!!
■DJ AGEISHI (AHB pro.)



DNT…関西のとあるアパートの一室で、大量のレコードに埋もれて棲んでいるという…
そう人づてに聞いた時、カラフルなレコード・ジャケットの散乱する大きな木の洞の中で音を紡出すヴァイナル・ドーナッツの妖精、DNTと、その音に導かれて身も心も開放し、彼の周りを舞い踊る魅惑的な妖精達…そんな、セクシーなのかコミカルなのかよーわからん、しかし明らかにディライトフルな妄想が脳裏に浮かび、ニヤニヤしてしまった。
DNTmix初ナマ体験は、2009年日食ツアー、ロシア船ルーシー号の大揺れのフロアの上。度々噂を耳にしていたパーティー・クルー『Powwow』、そしてあの『F.O.L.』のレジデントDJという事で、Live mixをムチャクチャ楽しみにしていたのだ。彼の妖精チックな風貌からはちょっと想像できない腰砕けとろーん系ベースの効いたサウンドは、大荒れに荒れる海とシンクロしてフロアはケイオスの極!!! 恍惚顔でフラフラと近づいてきた友人は「何!? このいろっぺー世界旅行は!!! 気持ちワルい気持ちイイ〜!!! DNT最高〜!!!」と、船酔いとDNTとのカップリングを的確に表現してくれたのでした。
NUmix”EOH"…ド頭のコラージュ&シャッフル・イメージから、すんばらしく絶妙なタイミングでページがめくられて行き、シーンの移り変わりに柔らかく纏わり付く艶なコーラス&ボイスの入りのタイミングなんぞは、DNTの粋!!! マジに、ちょーヤヴァイ!!! 浮遊系アーバン!!!…妖精ならではの巧み!!!  この世界を一緒に ∞ 
そして…妖精DNTは2012年2月、このNUmixの粋と共に、オーストラリアはVITAMIN-Q Byron Bay vol.5 にやって来るんです!!! (両手を胸の前で組んで斜め上を仰ぎながら…)
■YUKI ∞ VITAMIN-Q Byron Bay